月別アーカイブ: 2008年12月

【絵日記】おかあさんといっしょ?!

保育園は基本、9時までに登園。
15分はかかるとして(駐車場から歩くからね~)8時40分にはでないときびしい。

理想は。

「にほんごであそぼ」(8:00~8:10)で着替えを始めて、
「ピタゴラミニ」(8:10~8:15)を経て、
「いないいないばあ」(8:15~8:30)でひぃちゃんを仕上げ、
その後の5分間アニメで鼻水とったり、もろもろチェック。

「おかあさんといっしょ」(8:35~9:00)が始まるときには玄関へGO!

なんだが。
自分の準備ができてなかったり、
洗濯物を忘れていたり、
水筒にお茶入れてなかったり、
一番多いのがひぃちゃんがウ○チもよおしちゃったり、
で、予定通りには行かないのである。

そんな朝。

先日もバタバタと準備を進めるワタシの耳に、無情にも「おかあさんといっしょ」のテーマソングが聞こえてきた。

ひぃちゃんも大きな声で教えてくれた。

30-1

え?ひぃちゃん・・・。

30-2

ひぃちゃんは理解していた。
「いっしょ=おんなじ」ってことを。

でも「おかあさんといっしょ」の「いっしょ」は「おんなじ」ってイミではなくて・・・。

あーもー、日本語って難しい!

■■■

秋ごろから絵日記形式に変更して、今まで以上に子供の言動に注意深くなってきました。
写真と文章だけではネタにしにくかった部分もネタになるし、毎日1記事では追いつかない・・・^^;

皆さんのコメントも一層楽しみに、ランキングにも興味がでてきました。

お付き合いいただいて、本当にありがとうございます。

もう今年も残すところあと1日。
大掃除の合間にちょろちょろと更新してきましたが、明日からは帰省三昧。
まず大分に帰って、一度福岡に帰って一泊して、それから長崎へ。
天気がいいといいんだけど。

皆さんもよいお年をお過ごし下さい。
来年もまた宜しくお願いいたします。


【絵日記】向かうところ敵なし!

たかが広告の取り合いでいとも簡単にケンカになるカズ君とひぃちゃん。

ひぃちゃんは取られることが多いので、悔しい。
それはわかるが、どうも手が早い。

先日もいきなり・・・。
29-1

たまたまKさんがいるときだったのでダブルでオコられた。
29-2

Kさんにオコられると、ワタシにオコられるより堪えるらしいひぃちゃん。
29-3

と、思っていたら。
29-4

さすがにちょっと心配になって声をかけてみた。
29-5

そしたら!

29-6

なんと、逆ギレですってよ?

笑っちゃ悪いかと思ったけど、ワロタ・・・(´ーωー`)


【絵日記】兄弟構成

嬉しくて、ちょっと寂しかった出来事。

27-127-2

最近ひぃちゃんも小さい子のお世話が好きで、保育園ではよく面倒をみているそうだ。
トイレまで連れて行ってあげたり。
お外に行くときに手をつないであげたり。

カズ君も世話好きで、よくひぃちゃんの面倒をみてくれるし。

こんな時、3人目が欲しくなったりするんだろうなあ。

ふ・・・。

ごめん、ムリ・・・(ーωー)


【絵日記】よしよし・・・

23日におばあちゃんからクリスマスプレゼントが届いた。

25-1

ワタシがあまりこういったものを買わないタイプなので、カズ君もひぃちゃんも大喜び。

とりわけひぃちゃんは、おまけで入っていたティアラが大のお気に入り。
しょっちゅう頭につけては鏡をのぞいていた。

25-2

もうすっかり女の子ねえ・・・(´ーωー`)

ところが。

昨日、大変なことになってしまった。

そのひぃちゃんお気に入りのティアラで遊んでいたカズ君。
自分の頭につけてはポーズをとったりしてふざけていたんだが・・・。

25-3

おもちゃのティアラはあっけなく壊れてしまった。

その瞬間から、リビングは修羅場・・・。

25-4

25-5

ひぃちゃんはいきなりつっぷして大泣きを初め、それを見たカズ君も大泣き。
きっとものすごく悪いことをしたと思ったんだろう。

ワタシはといえば予想外の展開に少々びっくり。
ひぃちゃんがオコるかと思ったんだよねー。

ひぃちゃん、本当に気に入ってたんだね。
可愛かったモンね・・・。
壊れちゃってとっても悲しかったね。

カズ君、おまけのおもちゃってとても壊れやすいものだから。
カズ君が悪いわけじゃないから・・・。

25-6

二人をなだめるのに、えらいこと時間がかかってしまった。

幸いひぃちゃんは一泣きしたら気持ちも落ち着いたようで、それ以降はぐずらなかった。
カズ君はひぃちゃんが「だいじなものやった」と言いながら泣いていたのがショックだったようだ。
自分のブーツに入っていたおまけ(ミニゴルフセット)を捨ててしまった。
気に入って遊んでいたんだけど。

頑なに「もう遊ばないから」と言い張ったのでそれはそれで気の済むようにさせておいたが。

・・・よっぽど堪えたんだね、かわいそうに。

だけど。

ワタシは二人があんまりカワイクて、涙目だった。
大泣きの二人をなだめながら、内心ちょっとほんわかしていた。

なんだかねー。


【絵日記】クリスマスディナー

今日はクリスマスイブ。
でも平日だし、昨日クリスマスディナーをすませた方も多かったんじゃないかな。

当然我が家もそう。
平日はほとんどKさんと夕食を食べることはないので、仕方がないね。

メニューは平凡に。
・ローストチキン
・サラダ
・スープ
後はワインのつまみにチーズやクラッカーや生ハム。

ケーキをどうするか迷ったあげくサーティーワンでクリスマスツリーのパッケージにはいったアイスクリームを購入。
12個セレクトするタイプ。
これがなかなかアタリだった。

クリスマスケーキって高いもんねー、ちょっとサイズももてあますし。
頼んどくのも受け取りに行くのも面倒だし、混むし。

でもこれなら。
別にあわてて全部食べなくてもいい。
前日から準備して冷凍庫に入れておけばいいし。
しかも普通のアイスケーキと違って切り分ける手間もなし。

なかなか雰囲気もよかった

24-1

もう少し彩りを考えてセレクトしたらもっと「らしく」なったかも・・・。
来年もこれで行こうかな~。

子供がいない頃はとりたててクリスマスケーキとかも買ったことはなかったし、あんまりこんなイベントで盛り上がることもなかった地味なワタシ。
でも子供にとっては一大イベント。

まだサンタさんを疑わない歳なのでオモシロクもある。

しかし。
「クリスマス」って何の日か知ってんのか?

取材してみた。

「カズ君、クリスマスって何の日か知ってる?」

カズ君は迷わず答えた。

24-2

保育園の連絡ノートにこの事を書いておいたら先生から
「カズ君らしいですねー」
というお返事が・・・。

いやいや、そうではなくて。

ワタシが4歳の頃は、幼稚園がミッション系だったのでクリスマスが何の日かくらいは知っていたもんだ。
保育園では特に教えたりしないんだね。

知識としては教えとかんといけんねー(´・ω・`)

ちなみにワタクシ。
今までロマンチックなクリスマスイブを過ごしたことはない。
今が一番楽しいクリスマスかも・・・。


【絵日記】ワタシの常識?!

昨日。

近所の某JUSC○へ遊びに行ったときのこと。

(なぜだかひぃちゃんが「ジャシュコに行きたい」と譲らなかった。
最近そんなことまで言うようになっちゃって・・・)

おもちゃ売り場を閲覧し遊具スペースへ移動してちょっと遊んで帰るコース、の途中、軽い昼食を買いにワタシだけ1Fのパン屋さんに。

取り急ぎおやつ程度にセレクトして、レジへ。

トレーを置こうとしたとき、向こう側の角に水が残っているのに気がついた。

22-1

パンが濡れたわけではなかったが、一言言っといた方が親切かと思い、レジの店員さんに声をかけた。

「トレーのココ(指差して)に水が残ってますよ」

別にクレームではなく、普通に教えただけだけど、この反応には驚いた。

22-2

かっちーーーーん!!!

22-3

トレーに水が残ってるより、この態度の方がよっぽどムカつくわ!

しかもこちらを見ようともしない・・・。

ワタシの常識ではとりあえずこんなときは一言「スミマセン」って言うべきだ。
にっこり笑ってそう言っとけばそれで済むだろ。

若いお姉ちゃんだったけど・・・。
はあああ・・・(´ーωー`)

ワタシの常識がおかしいのかねえ?


【絵日記】わすれられないおくりもの

わすれられないおくりもの」という絵本がある。

ロシアン軍団の先代猫、ももちゃんが亡くなった時、かかりつけだった病院の院長がわざわざ届けて下さった本。

主人公のアナグマはもうずい分年をとっていて、ある日亡くなってしまう。
でも彼は友人たちにたくさんのおくりもの-生活の知恵や愛情-を残していったので皆悲しみを乗り越えてずっと思い出を大切にできた。

とっても簡略するとこのようなお話だ。

先日寝る前に本を読むときに、カズ君がこの本を選んできた。
ちょっと文章が長くて内容的にも少し早いかなと思いつつ読んだが、カズ君は熱心に聴いていた。

そして聞いてきた。

19-1

「とっても年をとっていたからよ」と答えると、すぐにまた聞いてきた。

19-2

それで、難しいとは思ったが説明してみた。
生き物は生きていられる長さが決まっていて、だんだん年をとっていくとその長さが終わりになってくるんだよ。

19-3

19-4

なんだか答えになってないんだけど、とりあえずそれ以上聞いてくることもなく、眠りに付いた。

でも翌朝。

朝ごはんの食卓で、カズ君がポツリと言った。

19-5

19-6

胸が痛かった。

カズ君は自分なりにあれからも考えていたんだね。
昨夜は寂しい気持ちで眠ったのかもしれない。

ごめんね・・・。

子供を育てるって、本当に大変なことだ。

「赤ちゃんはどこからきたの?」って質問になんて答えようかと、子供がまだ小さなうちからアレコレ悩む親は多いことだろう。
ワタシもちょっと考えたりしている。
(そういう意味ではブリードをやめたのが、ものすごく残念。
いつか出産に立ち合わせるつもりだったんだけど・・・)

でもその質問より先に死について聞かれてしまうとは思っていなかった。

自信をもって子供に死生観を語れる親がどれほどいるだろう。
子供を育てるってことは自分の哲学を作っていくことでもあるんだね・・・。

カズ君はワタシが感じていたよりうんと成長している。
彼の頭の中ではウルトラマンやポケモンやゴーオンジャーだけでなく、そんなことまで考えられるようになっているんだ。

「こんな話はまだ早い」と思わずに、その都度答えてあげないと。

カズ君が生まれた日の夜。
ワタシはひどいマタニティーブルーにおそわれた。

19-7

そりゃもう、とんでもなく悪いことばかりが頭の中でぐるぐるまわり、涙が止まらない。
翌朝顔が腫れ上がるくらい泣いて、とても辛い夜だった。

あんなに産まれるのを楽しみにしていて、産まれたことが嬉しくてたまらなかったのに、ホルモンの仕業はオソロシイ。
(ちなみにひぃちゃんの時は全くなかった・・・なぜ?)

でも、その時思ったことは別に検討ハズレのことばかりではない。
そんなこと心配してたって仕方ない、っていうだけだ。

この先カズ君もひぃちゃんも、いろいろな出来事に出会い、悲しんだり怒ったり辛い思いをしたりしてそれを乗り越えていかないといけない。
その時少しでも不安をやわらげる存在でいてあげたい。

カズ君、お母さんは元気で長生きするよ。

そして大変なことも多いけど、楽しいことも嬉しいこともそれ以上に沢山あるのが生きているってことだねって言って貰えると幸せだ。

・・・いや、マジで長寿の家系なんデス(´・ω・`)b


【絵日記】恐ろしいものをお見せしよう・・・

今日の福岡は、強風。

今は少しおさまっているけど、明け方の風は凄かった。
陽が差し始めると朝焼けと灰色の雲のコントラストで、雨こそ降っていないもののまるで嵐のような風景。

18-1

そうこうしているうちに時間は7時半をすぎた。

タイムリミット。
もう起こさないと大変だ。

そそくさと2階にのぼる途中、踊り場の窓越しに突如現れたのは!

18-2

なんと、カラス!

いや~、驚いたのなんの。
しかもその数、半端じゃない。

一瞬ぼうぜんとしたけど、慌ててカメラを取りに走った。

そのままカラスがいた方向が見えるベランダに出て、一層びっくり。
空いっぱいのカラス!!

オレンジと灰色の空に何百匹ものカラス!!!

カメラを取りに行っていた間にちょっと遠ざかっていたのが残念だけど、ヒッチコックばりに写真を撮ってみた。

カラス1

カラス2

カラス3

カラス4

カラス5

カラス6

一番上の写真が沢山写っているけど、それでも半分くらい。
黒い点々は、全部カラス。

時折カアカア鳴きながら、この付近の上空を旋回し、列を作り、時には円になりながら舞い踊っていた。

強風にあおられて、まさに狂喜乱舞といった様相。

一体どこにこんなに沢山のカラスが棲んでいるんだろう・・・。
どうしてこんなに集まったんだろう・・・。

しばらく目を離すことができず、カラスの競演を見守った。

おかげで、保育園は遅刻したけど。
あれはちょっと見る価値あった!
と思うので、おすそ分け。

ちなみに保育園に送る往復の道すがら、何匹も道端にカラスを見た。
何かいつもよりコワカッタ・・・f(´ーωー`;)