月別アーカイブ: 2008年12月

【絵日記】クリスマス会、後編

さて、まずはひぃちゃんのクラスの劇、「てぶくろ」が始まった。

順番に動物たちが登場する。
次はいよいよイノシシだ!

待ち焦がれたワタシとKさんの前に絶好調のひぃちゃんが飛び出した。

16-1

いや~ん、かわい~

他のイノシシ君たちが尻ごみしている中、勢いよく鳴きながら舞台中央へ。
もーー、すっごい、2歳なのにちゃんとできてる?!

感動・・・!

感・・・。

アリ?

16-2

舞台中央にたどり着き、客席を見渡したとたん、ひぃちゃんの動きがピタリと止まったΣ(・ω・ノ)ノ

16-3

満面の笑顔だった表情も一気に凍りつき、直立不動で宙をにらんでいる。

これは。

デジャヴ?!

去年を彷彿とさせるひぃちゃんの立ち姿。

その後立ち位置を移動しても、座っても、お歌が始まっても、ずーーーっと宙をにらみ続けたひぃちゃん。

お疲れ様。

お母さんは最初の3mのブヒブヒランを観れただけで幸せだったよ。

さて、気を取り直して今度はカズ君だ。
確か去年もこんなセリフをつぶやいたような・・・。

出番が済んだひぃちゃんは、すぐにお迎えに行かねばならない。
しかも今年はカズ君のクラスの劇まで間が空いていたので、1時間以上待つことになった。

当然ひぃちゃんは飽きて大騒ぎ。
カズ君の劇が始まるちょっと前にホールに入ったが、ひぃちゃんはじっとしてくれない。

ハラハラしているうちにようやく順番が回ってきた。

ところが。

ここで予想外のハプニングが・・・。

落ち着かないひぃちゃんを黙らせようと
「ほら、次はカズ君が出てくるから・・・」
と教えたとたん・・・

16-4

舞台に向かってカズ君コール。
焦った焦った・・・(´;ω;`)

しかし。

熱烈コールを受けたカズ君がなかなか登場しないのだ。
村の子供たちは出ているのに。
みんなでカズ君がお家で練習していたセリフを言っているのに。
カズ君がいない。

いったん引っ込んだ子供たちが再度登場したがまだカズ君はいない。

3度目に出てきた子供たちの中にようやくカズ君を発見した。

16-5

そうなの。

カズ君の役「子供その3」ってのは3人目の子供ではなく、3度目に登場する子供ってことだった。

1度目と2度目の子供たちは、違う子供たちだったんだね。
カズ君を探すのに一生懸命で気づかなかったわ。

3度目の子供たちは登場してみんなでセリフをいい、退場した。
そして、それっきりだった。

出番、少なっ!!

いや、最後の歌は全員集合だから「それっきり」ってわけじゃないんだけど。

家でカズ君がたくさんのセリフを言うのを聞いてたもんだから、まさかこんなにちょびっとの出演だとは思っていなかった(ーωー;)

ま、年少さんだし、しょーがないか。

カズ君はとっても上手にセリフを言えていた。
セリフには手話もつけるんだけど、それもよく覚えていた。
去年は立ちすくむだけだったカズ君がとっても楽しそうにお友達と劇をしている姿には感動した。

んだけど・・・。

16-6

ど、どうして朝、気づかなかったんだろう、あの寝ぐせ・・・。

今年もオチがついてしまったクリスマス会。
でも1年分の成長はたっぷり見せてもらった。

泣き笑いで過ごした数分間は本当に楽しかった。
また来年、どんな姿を見せてくれるかな・・・。


【絵日記】クリスマス会、前編

クリスマス会当日。
期待するまいと思っても期待してしまう親心

ひぃちゃんのクラスは2番目なので、最初からホールに入って観ることにした。

一番目はつぼみ組(0~1歳児)の手遊び。
去年と同様「むすんでひらいて」「手をたたきましょう」の2曲。
白い衣装に赤いケープと帽子をそろえて並んだ赤ちゃんたちを見て思わず去年のひぃちゃんを思い出した。

ひぃちゃんは・・・。

ひぃちゃんは出番の間中、宙をにらんでいたっけ・・・^^;
他の赤ちゃんは歌ったり泣いたり動き回ろうとしたり、なのに、ひいちゃんは微動だにせず宙をにらんだままだった。

15-1

前撮りしたDVDをみるとそれなりに手遊びをしていたけど、横1列に並ぶ赤ちゃんの中でひときわデカかった。

ひぃちゃんだけ50cm位前にでてるのかと思うほど・・・。

ああ、ほろ苦い思い出。

今年はしっかりセリフもしゃべる(予定)。
演目は「てぶくろ」
おじいさんが森の中で片方落とした手袋に動物たちが住みすくお話。
登場するのは7種類の動物たち。
「食いしん坊ねずみ」「ぴょんぴょんガエル」「早足うさぎ」「おしゃれぎつね」「灰色おおかみ」「キバ持ちイノシシ」「のっそりぐま」

ひぃちゃんはイノシシ役。
人差し指を立てた両手を口元にあてて、「ブヒブヒブヒブヒ・・・・・・」と鳴きながら登場する(予定)。

このイノシシ役に至るプロセスは実は去年からの持ち越し。

去年カズ君が同じく「てぶくろ」の劇をして、のっそりぐまの役だった。
カズ君は楽屋カーテンから顔を出すまでは元気いっぱい「のっしー、のっしー」言っていたんだが、客席をめにしたとたん硬直。

15-2

・・・・・・。

ま、それはいーとして、カズ君の役を覚えていてくれた先生が気を利かせてワタシに聞いてきてくれた。

「まだカズ君のときの衣装はありますか?
だったらそれを使える役にしますけど」

その瞬間はいろいろ考えた。
去年劇を見てたから、うさぎとかカエルとかきつねのほうが女の子っぽくてかわいーかしら、とか・・・。

でもワタシの口からでた言葉は。

15-3

だって・・・。

緑とか黄色とか、タイツ探すのも大変そうだし。
服だってそんな色の冬物持ってないから買わなきゃいけないし。

茶色なら、しっぽつけるだけだもん。

カズ君は「泣いた赤鬼」の子供その3の役^^;
ようするに年少さんはその他大勢のチョイ役なんである。
衣装も子供役なので手持ちのベスト・ブラウス・半パン・ハイソックスといたって簡単。

15-4

構えていた割には楽勝で準備が終わった今年のクリスマス会だった。

カズ君は
「いちばんまえでみててね!」
と張り切って出掛けていったけど、どうかなあ、ドキドキするなあ。

(つづく・・・)


【絵日記】カン違い

今朝のこと。
お着替えを済ませたカズ君が昨日の出来事を教えてくれた。

12-1

はて・・・、ペリカンとな。
うさぎはいるけど、ペリカンはいねーな。

そっか。
さすがに本物ではなかろう。

12-2

12-3

12-4

言葉が足りなかったようだ。

っつか、まさかそうくるとは思ってもみなかった。

意表をつかれました・・・。


【絵日記】もうすぐクリスマス会

クリスマスに先駆けて、今週の土曜日は保育園のクリスマス会である。
各クラスごとに劇をする発表会だ。

子供は記憶力がいいし、保育園児向けの脚本なのでシンプルで、二人とも劇を丸ごと覚えている。
家でも丸ごとやっているのでワタシも内容をほとんど覚えてしまった。

最近は本番も近いとあって役作りも完璧。
特にひぃちゃんはしょっちゅう「一人シアター」をやっている。

一人シアターなんだけど、ワタシは参加を強要される。

10-1

しまった、油断した・・・。
手をとられたなら立たねばなるまい・・・。

そしてひぃちゃんの音頭で劇がスタートする。

10-2

保育園の劇はダブルキャストどころか、一役4~5人体制なので、ひぃちゃんと同じ役をずっとしないといけないのである。

ひぃちゃんのクラスの出し物は、去年カズ君がやった「てぶくろ」
最初の登場人物は雪の森で手袋を落とすおじいさんだ。

後ろに組んだ手を腰にあてて、腰を曲げ気味にゆっくり歩くところなんか、なかなか面白い。

ひぃちゃんのクラスは先生も役につくので、きっと先生が
「おじいさん役の人、ついてきてー」
って言ってるんだろうね。

実際のひぃちゃんの役どころは「キバ持ちイノシシ」さん。

ブヒブヒブヒブヒと可愛らしく(?)鳴きながら登場する。
ああ、本番が楽しみねー。

まあ、あまり期待すると、去年のような辛い思いをする。
二人とも先生から「とても上手ですよー」なんて言われて楽しみにしてでかけたのに、本番では舞台の上ですっかり固まっていた。

今年は「固まった」ひぃちゃんとカズ君をみる覚悟で出かけるとしよう。


【絵日記】成長痛

金曜日の夜中、12時過ぎ・・・。
カズ君が泣きながら目を覚ました。

「なん?どうしたと?夢みたと?」
聞いてみても泣くばかり。
ようやく足が痛いという事がわかった。

足がつったのかなと思いつつさすったりトントンしたりしていったん眠ったが、また1時過ぎに泣きながら目を覚ます。

ちょうど寝室にきたKさんが
「背が伸びてんじゃないの、俺も子供のとき痛かった覚えがある」
と言うので、ああ、成長痛かあ、なんかそんなレメディあったなと思い出して飲ませてみた。

とりあえず、テキストを参照して、キットの中から・・・。
口に含んで3分ほどで落ち着いて眠ったのでヒットしたかと安心した。

再度3時過ぎ、同様に目を覚ましたので、同じレメディをリピート。
またすぐに眠った。

まあその時はワタシも眠たかったし、深くも考えず対処したんだけど。
土曜日、成長痛って中学生とか高校生くらいにあるんじゃなかったっけと思い検索してみた。

成長痛・・・。

ああ、やはり。
骨の成長に伴う痛みは中・高校生のようだ。

ただし、4~7歳くらいに夜中に、主に足の関節の痛みを訴えて泣き出したりするものも「成長痛」と呼ぶらしい。

でもこれは骨の成長とは関係なく、疲れや環境の変化に伴う症状のようだ。

そーいや夕飯のときに、カズ君、きついとか眠いとか言ってたな。
フムフム。

で。
そいでもって・・・。

え?

8-1

なんですと?!

この時期の成長痛って、精神的なものも大きいらしい。
子供本人が神経質なのはもちろんだけど、お母さんが神経質だったり、過干渉だったり、すると起きやすい・・・。

がーーーーん・・・(-ω-;)

否定できないワタシがいる。

そ、そういえば、明け方もう一回泣いて目を覚ましたんだ!

そのときは。

そのときは・・・。

8-2

って言ってたーーー。

あああ、反省、深く反省。

猫のようにのんびりと子育てをしたいと思いつつ、思うようにならない現状。
あくまで理想は、のびのびと育てたい、なのに。

でもまあ。
ちょっとずつでも努力してみよう。


【絵日記】なぞの行動・再び

毎日洗濯する物。

保育園の体操着上下×2
お食事ナフキン×2
おしぼり×2
ひぃちゃんの布オムツ×汚した組数
ひぃちゃんのトレーニングパンツ×汚した枚数
ひぃちゃんの着替え上下×汚した組数
ひぃちゃんのエプロンとハンドタオル2枚
カズ君のハンカチ類×使った枚数

分量は大したことないけど、こまごまと干すのが面倒なものばかり。
保育園用のでっかい袋から洗濯物と未使用分をより分ける作業もまた一手間。

そして。

カズ君の制服のポケットからはほぼ毎日三角形に折りたたまれたハンカチが出てくる。

4-1

どうなってるかっていうと。

こんな具合。
ハンカチ1
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

BlogPaint
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ハンカチ3
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ハンカチ4

なぜ、こんなことに(-ω-;)

保育園の男の子だ、ぐしゃぐしゃになるのはまあわかる。
でもいちいち折りたたむことにイミはあるのか。

あるわけないよねー。

4-2

ただそんだけなんだねー、きっと。


【絵日記】心の成長

日曜日。
Kさんは仕事だったのでお弁当の支度をしていると、まだ5時前だと言うのにひぃちゃんの声が・・・。

1-1

ありー、この時間にくずられると、ちょっとまずい。
お弁当間に合うかなあ、
もうすぐメロンパンのクッキー生地ものせないといけないし・・・。

いろいろ考えながらとりあえず寝室へ。

ひぃちゃんは半分起き上がって待っていた。
機嫌はどうだ?

1-2

お、隣に寝ろとのご指示である^^;

暗いうちに目が覚めて隣にワタシがいないと、どうも哀しくなるらしい。
やっぱ半泣き。

本音をいうと、そのまま二度寝してしまいたい。
だがしかし、母にはミッションがある。

隣にくればすぐに上機嫌になるひぃちゃん。
そらもう、かわいいのなんの。

まだ暗いし、何とかもう一度寝付いてもらおう・・・。
そう思ってトントンしながらお話を始めた。

1-3

1-4

1-5

え、いいの?

自分で聞いといて、ビックリしてしまった。

ちょっと会話をはしょっちゃったけど、
「おとうさん日曜日なのにお仕事で大変だね」
とか
「お弁当なかったら、きっとがっかりするよね」
とか、ぽつぽつ話したからかもしれない。

今まで眠るまで離れられなかったひぃちゃんなのに、なんてお姉さんになったんだ。
成長したのは体だけじゃないんだなあ。
気持ちもちゃんと成長しているんだなあ。

当たり前のことだけととても感動した。

1-6

ぬいぐるみを隣においてドアを閉めるとき、なんだか鼻の奥がツーンときてしまった。

嬉しかったのと、ちょっと淋しかったのと、かなー。