月別アーカイブ: 2009年9月

【絵日記】和みグッズ

子供は言うことをきかない。
猫よりきかない。
それが普通、それがアタリマエ。

重々わかっているつもりだが、頭でわかっているのと受け入れているのはまた別なんである。

最近はもうカズ君の口答えも達者で(これは改めて書くことにするけど)、その上ひぃちゃんがとんと言うことをきかなくなってきて、むかつくこと満載。

特に急いでいるときに言うことをきかなくて、なんかこぼしたり汚したりされるとイライラは絶好調になる。

先日もそんな状況でひぃちゃんを叱り飛ばしていたところ・・・。

20090910-1

解説しよう。

実はワタクシ、カズ君のデコの生え際フェチ・・・。
もう産毛がぽよぽよで見るたびに笑える。
ひぃちゃんよりよっぽど赤ちゃんっぽい額なのだ。

時々「カズ君おデコ見せて~」なんていうもんだから、カズ君もワタシが自分のおデコが大好きなことをよく知っている。

ちょっと落ち着いて、と言われたようで。
まー、そういうことなんだろうけど。

一瞬ハッとしてしまった・・・。

おかあさんがイライラしてちゃいけねーなー。
と、わかっちゃいるんだけどさ。

なんだか毎日イライラしちゃうのよねー。
くすん。

でもまあ・・・。
和みグッズがいろいろあるのでなんとかやっていけそうな気がするよ。

ちなみにコレが産毛ぽよぽよ、カズ君のデコ
20090910-2

ところで。

子供のすることにイライラするんじゃなくて、自分に問題があるってことは、よ~~~くわかっている。

だって気持ちに余裕があるときは、いたずらも失敗も大目にみれちゃうもんねー。

子供ってわりと親のそんなところに寛容なんである。
感心する。
子育てして、初めて知りました。

それに甘えちゃいかんがね・・・(´ーωー`)


【絵日記】ひぃちゃんの得意な分野

それは甘え上手!

20090907-1

いやいやいや、それはもう十分すぎるほど皆さんご存知。

こんなひぃちゃんだけど、時々感心しちゃうこともあるのだ。
それはお手伝い。

主婦のみなさんなら「自分なりの家事のやり方」があると思う。
掃除の仕方。
食器の洗い方。
食器の重ね方。
洗濯の仕方。
洗濯物の干し方。
洗濯物のたたみ方。

意外と他の人とは違ってたりするよ?

さて。

ワタシは洗濯機から出すときに分類して洗濯カゴのふちにかける。
大まかに言うと、バーに干すものとハンガーに干すもの、そして小物類。
そうすると干すときにホイホイ、スピーディ。
(と思っている)

ひぃちゃんは洗濯機から出すのを手伝ってくれるのだが・・・。

驚いたことに、ワタシがすることをよく見ている。
ほぼ完璧に分類してカゴにかけてくれる!

カズ君がお手伝いしてくれるときは、まあ広げてはくれるけど、取り出した順に重ねてかけていくのね。
なおかつ、面倒になると、カゴの中に放り込む・・・orz

でもひぃちゃんは.
最後まできっちり分類してくれるんである。

そんなわけで。

20090907-2

最近はひぃちゃんが洗濯機から出してくれる間にお化粧したりできるのよ~~~


【絵日記】カズ君の得意な分野

先月、カズ君のバースデイケーキを注文に行ったとき。
通りをはさんで向かいのお店の看板を見たカズ君が言った。

20090904-1

え?漢字読めるの?

ちょっとびっくりしたので聞き返したら、日曜日の朝恒例の戦隊シリーズ「シンケンジャー」にでてくる漢字だそうで。

・・・なるほど。

ちなみに

シンケンレッド=火
同じくブルー=水
同じくグリーン=木
同じくイエロー=土
同じくピンク=天

である(レッド以外の順不同)

そんでもってレッド役の彼は今ひそかに人気があがってきているそうだ。
あー、なんか解かる解かる~、本人もまあ感じは悪くないけど、人気の秘密はキャラ設定のせいだと思うのよね~。

あ、話がそれそう・・・。
いかんいかん。

つい先日の選挙のときも、投票所の公民館の前のお宅の表札をみて「山田」さんと読んでいたのでまたびっくり。

ちょっと聞いてみると簡単な漢字は読めるんである。

そういえばカズ君は特に教えてないのに、3歳になったときにはひらがなは全部よめていた。
で、短い文章の絵本は自分で読むことができていて、入園時、保育園の先生に驚かれた記憶が。

カタカナもほぼ同時期にあっという間に読めるようになっていったっけ。

家ではほとんど教えてなかったので、託児所の先生が教えてくれてたのかなあと思っていた。
というか、3歳にもなるとそんなもんなんだなあと思っていたのだ。

しかーし。

ひぃちゃん、ほとんどひらがな読めません・・・(´・ω・`)b
じぶんの名前は読めてるようだが・・・。

ま、いいけど。

要するに、最近、カズ君は字を覚えたりすることが得意なんだなーと解かってきたわけだ。
そこで盛大に誉めることにした。

得意分野は伸ばさないとねー。

ワタシは短気なので、子供に何か教えるのは向いていない。
だから極力家で教えるのはやめようと決めた。

カズ君が生まれた頃はそんなことには気付いていなくて、家庭用の教材を買ったりしたもんだがな・・・。

ふ・・・(´ーωー`)

身の程知らずだったわ。