【絵日記】兄妹喧嘩

ウチの場合は兄と妹、なわけだが・・・。

ブログを読んで頂いている皆様の、ウチの兄弟のイメージは、こんな?

14-1

もちろん、かなり仲良しの方らしい(以前行っていた託児所の園長先生や保育園の先生による)ので、こんな場面はしょっちゅうである。

しかし、こんな場面だって同じくらいある・・・。

14-2

一緒に何かをやっていればよし。
別々に何かに熱中していてもよし。

問題は一人が何かに熱中していて、もう一人が後からそれをしたくなった時。
そして最初にしていた方が断固譲らなかった時。

ひぃちゃんはカズ君にはかなり乱暴である。
カズ君が手加減しているからだ。
もちろんカズ君だってまだまだ4歳。
あんまり悔しかったら手も出ようというものだ。

喧嘩両成敗なのでどっちも叱られて終了ってことが多いが、より暴力的だったほうがより叱られるのは当然である。

この間の日曜日。

いつものように二人の小競り合いが始まった。

取った取られた、貸して貸さない、のケンカ。
ひぃちゃんが何かしたらしく、カズ君が泣き出した。

しかし。

その時はいつもとちょっと様子がちがった。

14-3

珍し~!
Kさんがひぃちゃんの手をパシッと叩いた!!

いつも小うるさく、悪いことをすればぴしぴしやってるワタシではなく、「やさしいおとうさん」に叩かれたひぃちゃんのショックは大きかった。

当然、さも不当な扱いをうけたという泣き方でワタシに訴えてくる。

ワタシも一瞬、フォローに入ろうかと近寄ったんだが・・・。

14-4

ひぃちゃん・・・。

あんたが握ってるのはカズ君の髪の毛だね・・・。

しかも1本や2本ではない。
(あ、2本しか描いてなかった^^;)

そんなに引っ張ったらそりゃお父さんだって叩くに決まってるだろ!

ま、こんな風で。
仲が良くてもケンカは絶えない、4歳児と2歳児の日常なんである。

(つづく・・・)